一覧

2018.10.01

M様邸

青空に真っ白なお家がとても爽やかです。

 

 
全ての部屋から中庭が眺められるくつろぎの空間。
自然素材の軒天が縁側をさらに居心地の良い空間にしています。

 

次回は内装をご紹介させていただく予定です✩*॰

2018.08.22

みはりくのいち 初出動!!

みはりくのいち

~3Kのイメージが強い工事現場の環境をより良くし、安全で快適な現場づくりをするために~

三木組 女性安全パトロール隊の名称が決まりました。

 

 

先日、みはりくのいちと名称が決まり初めての安全パトロールを実施しました。

 

【みはりくのいち安全パトロール】

現場をくまなく歩き、危険箇所等の確認、現場事務所、トイレなどを女性目線で細かく確認していきます。

普段現場に行く機会のない私達にとっては、重機の音、作業員さんの仕事風景と、見るもの全てがとても新鮮でした。

 

 

パトロール後、3Kイメージの改善・華やかな現場になれば・・・と、持参した花をプランターに植え、現場事務所入り口に飾りました。

~さっそく水やりをしてくれています♪~

 

 

 

【安全パトロール報告会】

パトロール時に各自が記入したチェックリストをまとめ、後日、みはりくのいち安全パトロール報告会を行いました。

現場での業務がお忙しい中、現場担当者にも出席いただき、私達女性目線での意見、感想、改善点等の意見を報告し、現場担当者からの意見、感想を伺いました。

 

 

 

【みはりくのいち現場訪問】

報告会で、連日続く猛暑の為、熱中症予防をしっかりしていただきたい!と意見が出ました。

さっそく現場事務所・休憩所へ掲示用の熱中症予防ポスターを準備しました。

また、技術者用の名札も新たに作成し、再度現場を訪問しポスターの掲示、名札をお渡ししました。

 

 

 

今後もみはりくのいちは定期的に現場に出動し、安全パトロールを実施します。

男性では気付くことのできない危険リスクを女性目線でとらえること、また現場の安全と働きやすい環境、快適度アップに向けて、みはりくのいちメンバーも日々知識を身に着けていきたいと思います!!

2018.07.19

M様邸高松市:セルロース施工

M様邸高松市:セルロース施工

壁面施工(充填工法:施工密度45kg/㎡)

パルプを原料とする紙製品を再利用してつくられた細かな紙片状のセルロース断熱材を霧状の水の中を通過させ、

風圧をかけて壁に吹き付けるウォール・スプレー工法です。

手の届かない小さな隙間や空間も埋めることができます。

 

1.断熱施工前 大小の壁腔が存在します。

2.ウォール・スプレーで壁腔を完全に埋めます。

(吹付け時の不要なセルロース断熱材は、削ぎ落した後、再度使用し使い切ります)

自然素材の断熱材。

国土交通大臣による1時間準耐火構造認定、火災保険料もお得になります。

 

人生で一番長く過ごす空間であるマイホームで、少しでも快適に過ごしていただけるよう

見えない部分でのお手伝いをさせていただいております。

セルロースファイバー

三木組 断熱事業部 http://mikigumi.net/works-cat/heat-insulation/

 

2018.07.12

2018年6月 石井町居酒屋店舗

石井町居酒屋店舗 弊社が施工を担当させていただきました。

 
外観は焼杉を使っており、杉独特の木目や質感に和のぬくもりを感じます。
内装はほっこりとしたアットホームな雰囲気に。
玄関には沖縄から取り寄せた花ブロックがアクセントになっています。
 
昼間はランチ、夜は居酒屋として営業されています。
是非足を運んでみてください。
そば米居酒屋 雫 様、開店おめでとうございます。
ご繁栄とご発展を心より祈念いたします。
 
2018.05.22

川島潜水橋~地域の遺産を守る~

 

弊社は徳島県と応急工事に関する協定を結んでおり、異常気象時の潜水橋の交通障害、安全確保に早期に対応できるよう努めております。

 

~2018.04月~

吉野川上流域に降った大雨の影響で池田ダムの放水量が増え、吉野川河川水位の上昇に伴い川島潜水橋が冠水しました。

 

<通常時>

 

<冠水時>

 

通行規制措置のため、川島潜水橋へ通じる道へ通行規制看板を設置します。

 

水が引いた後、潜水橋の上の清掃を行います。

堆積した土砂・流木等を丁寧に除去し、安全な通行が確保できるよう作業を進めます。

 

 

川島潜水橋は四国八十八カ所霊場 第10番札所切幡寺~第11番札所藤井寺への遍路道となっており多くのお遍路さんに利用されています。

また、日本最大の川中島である善入寺島と川島町を結んでおり、地元住民にとってはなくてはならない橋となっております。

 

 

~地域の遺産ともいえる潜水橋~

地域に根差した企業だからこそできる素早い対応で、関係機関との連携を図り、日々利用される方たちの安全を守り、今後とも適切な管理に努めていきたいと考えております。

 

株式会社 三木組
〒779-3303
徳島県吉野川市川島町桑村625 TEL.0883-25-2572

お問い合わせはこちら